上島よしもりの政策

~4つの主張~

上島よしもりが世田谷区政で実現しようとしていること。

世田谷版教育改革
  社会の基礎は教育にあります。資源の乏しい日本が豊かにそして、世界に貢献していくには、人材育成しかありません。

  • 健全な歴史教育と生きた公民教育により社会の一員としての自覚と希望を育む
  • 優秀な教職員を育て、守る仕組みを作る(教育人事権の獲得)
  • 学校施設を開放し地域の教育力を活用する(地域人材による補習授業や特別教室)

健康まちづくり
  幸福の源は健康です。
  心と体の健康を維持できる仕組みづくり、そしてまちづくりを世田谷区の柱にしていきます。 

  • 生涯にわたる健康づくり、予防体制の拡充をする(スポーツ施設や保健相談の拡充)
  • 在宅看護介護への支援体制を強化する(訪問在宅介護体制の促進、介護家庭の支援策の充実)
  • 心と体を癒す、文化と緑の薫るまちづくりを進める(憩い型公園整備やみどり拡充策)

危機管理都市
  区民の生命と財産を守ることこそ、行政最大の使命です。 

  • 区民・地域と共に取り組む減災対策の推進をする(防災まちづくりや災害対策拠点整備)
  • 犯罪をゆるさないまちづくりを進める(明るい道路造り、防犯カメラの設置促進)
  • 安全で快適な交通空間の整備を促進する(電柱の地中化の促進、自転車通行帯の整備拡大)

次代の自治体経営
  地方分権は確実に進行していきます。
  将来への課題を解決して行くには、経営感覚を携え、責任ある自立した運営を確立していかなければなりません。 

  • 公共の最大の担い手「地域」を未来に繋げていく(地域人材、地域団体への支援拡大)
  • 地域資源の最大活用のためのサービス全体を見直す(広報の見直しや施設の再配置)
  • 責任ある議会を目指す(議員活動の拡大、区議会議員の責任の明確化)