若き有権者の皆様へ H31.4.14

私たちの世田谷区のこれからを決めるメンバーである、世田谷区長と世田谷区議議員の選挙が告示されました。
この機会に、少し長くなりますが、ご一読いただきたくことを願います。

さて、皆さんは選挙って、受け身な感じで、自由でない感じで、また分かりにくいものと思われているのではないでしょうか。

それは、主に
・政治という言葉自体、具体的にイメージしづらい。
・選挙で何をどう選択するのか分からない。
・政治の話題は、政局やスキャンダル、もしくは難しい話が中心で馴染めない。
・自分の生活に身近な情報が少なく、政治に課題を見出すことができない。

以上のような理由があるからだと思います。
これは、我が国で、ほとんどの方が抱いている率直な印象であろうと思います。

ですから、政治への意識が決して高くないとしても、それは皆さんに問題があるわけではありません。

これらの障壁を取り払うことに、多くの政治家らが努力を重ねていますが、これは民主主義の永遠の課題かもしれません。

だからといって、どうしようもないわけではありません。

自分が大切に感じる価値観を少しでも実現できる手立てを考え、その感性に従って、選挙の度に自らの中で、しっかりと責任ある選択をしていくことで、自分の身の回りからゆっくりと流れを変えていくことはできます。

単に「投票に行きましょう」という、ステレオタイプのことをここで申し上げたいのではありません。

選挙権を得たこの機会に、社会と自分自身について、将来について、立ち止まってしっかりと考え、その思いに責任をもって行動して欲しいのです。

もちろん判断を間違うこともありましょう。自分の選択が失敗だったと分かった時は、
決して諦めないで、素直にどこでどう、なぜ間違えたのかを考え、気持ちよく暮らすことのできる社会を作ろうと、その意識や力を少しでも持ち続けることがとても大切です。

皆さんの未来は、自分が思っている以上に途方もなく広がっています。

たくさんの価値観や、生活様式がある中で、納得のいかないことが多いことは当然です。 
それでも人のせいにしないで、また違う立場や考え方にも耳を傾けてください。

100%の正解、そして100%の間違いもありません。未来には無限の道があります。

自分なりの答えが見えてくるまで試行錯誤を繰り返してください。

間違うことを恐れず躊躇せず、世界を広げ、よき社会を作り上げてください。

そして、完全でなくても自分が気持ちよく感じる住みやすい社会が身近に見いだせる日、
思いを持ち続けた者だけが見ることのできる美しい景色を見る日が、
あなたに訪れることを心から祈念しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

平成31年4月
世田谷区議会議員 上島よしもり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は受付出来ませんのでご注意ください。(スパム対策)