パラアリーナ見学 H30.7.27

パラリンピックを目指す選手達のためにお台場に作られたパラアリーナを見学。
日本財団が建設し運営にも関わり、障害のある方々がスポーツをする上で、バリアフリー等使い易さを追求した非常によく出来た施設となっています。
今日はたまたま運の良いことに、ウィルチェアラクビーの代表の練習が行われていて、車椅子でありながら、その迫力に圧倒されました。また入り口に大きく掲げられているLEGOで作られた絵画がスマップの香取慎吾さんが下絵を描かれたということで、施設の価値が高いことを感じましたが、あくまで2020までという前提だとのことで、とてももったいなく思いました。
アスリートならずとも、障害をお持ちの方々や、高齢者の方々等にも使い易いアイデアが沢山詰まっていて、今後のスポーツ施設や公共施設の設置や改築に活かせるアイデアが沢山詰まっていました。