東京河川改修促進連盟総会 H28.7.14

本日から東京都知事選挙がはじまりました。
そんな中、私は東京河川改修促進連盟の総会に、上山都市整備委員長と共に区議会を代表し参加してきました。
大都市東京においても治水は大変重要な課題です。むしろ、昨今は異常気象により、その課題性は増しています。これまでは、時間50ミリ対応とすることに頑張ってきましたが、昨今では時間75ミリを超える局地的豪雨が年に何度も頻発しています。
これからは、水の逃げ場の少ない23区部では時間75ミリ、多摩部では65ミリに、整備水準を引き上げ努力していく必要があります。
選挙では、目先のサービスの話ばかりが多く語られ、こういった問題ははなかなか語られませんが、政治が意識を高くし、絶え間なく取り組んでいくことが肝要であると、再認識致しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は受付出来ませんのでご注意ください。(スパム対策)